総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 審査基準について » 

総量規制と審査基準の大切な3つのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンの審査基準について

カードローンを申し込むときに気になるのが審査基準です。申し込んでも審査に通過できるのかが不安になります。審査基準として最も有名なのは個人情報機関での照会です。今回申し込みのカードローン以外に他に借り入れがどのくらいあるのかを確認します。

 

他社での借り入れが多いと審査基準に達することが出来ずに通過できないということもあります。また、過去に債務整理や自己破産などをしているかの情報も合わせて確認をします。

 

個人情報機関は現在の借り入れ状況はもちろんですが、過去の返済状況なども合わせて確認することができます。自己破産や債務整理などを行っていれば5年間は履歴が残り審査を通過することはできません。

 

本人性確認についてはゼンリン住宅地図などで自宅住所や勤務先所在地の確認をします。会社への在籍確認は必ずではなく、行われずに審査を通過する場合もあります。雇用形態などによって決めている企業もあるようです。

 

カードローンの申し込みには利用用途を記載する箇所が必ずあります。生活費がほしくてお金を借りたい気持ちはわかりますが、この欄にはレジャーと記入するようにしましょう。

 

生活費に余裕がなくてお金を借りにくる人と、ゴルフや旅行などのレジャーに使うお金を借りにくる人では後者のほうが返済をしてもらえる可能性が高いと判断するからです。

 

また、街頭にある無人端末機で申し込みをする際は音声や映像でもチェックされていますので態度にはきをつけたほうがいいでしょう。

 

カードローンの審査基準とは何かについて。

カードローンの審査に通過する最低基準は一定の収入があり、20歳以上66歳未満で他社からの借入がない事です。また、審査に通る為に、記入間違いをせずに限度額を控えめにし、申込みは1社だけにします。

 

まず、記入間違いは嘘の情報を流した事になってしまうので注意して下さい。1番まずい行動です。特に、勤務先情報が記載漏れしていた場合、大変な信頼を失う事になります。1度失った信用は、戻ってきませんので、記入する時はしつこく見直して下さい。また、嘘の無い範囲で自分を良く見せるように書きましょう。

 

次に、初めて借りるのであれば、金融業者との信頼関係を築くのが重要です。限度額を低めに設定していると、返済計画を立てているとアピールできます。また、銀行カードローンの場合は、増額審査も可能なので初回が少額でも後日100万円を申込む事も可能です。

 

そして、複数の金融機関に申込みをすると、返済先が増えたと思われるので返済能力の低下が懸念され、通過が遠のきます。

 

最後に、カードローン審査に1度落ちても3か月後に再び審査に申込めば、同じカード会社でも審査に通る事があります。また、10秒でできる簡易審査等も流通しているので利用してみて下さい。

 

カードローン申し込み、基本的な審査基準

急にお金が必要な時、近くのATMからすぐにお金を借りることが出来る便利なカードローンですが、当然申込みには審査が必要となります。カードローンの種類によって厳密な審査基準は異なりますが、大体の基準は似ています。以下に紹介しますので、カードローンの申し込みを検討されている方は、参考にしてみてください。

 

まず、他社でカードローンの利用があるかどうか、がポイントとなってきます。これまで他社での借入がなくても、複数のカードローン会社に同時に申し込むことも、審査通過を難しくさせるので注意しましょう。

 

次に、収入があるかどうかです。他の融資関係よりは基準が低く、アルバイトや年金受給の方でも利用出来るのがカードローンのポイントではありますが、全く収入の無い方は当然、審査に受からない可能性が高いです。

 

そして、これまでに借入の延滞があった人も、金融機関のブラックリストに登録されてしまっていて審査を通らないことがあります。この借入延滞とはカードローンだけでなく、クレジットカードの決済が出来なかった、といったことも該当します。

 

銀行のカードローンは消費者金融に比べて審査基準が厳しい、といった話も有名ですので、一社で申込不可でも他社では申込可能ということもあります。ご自身の状況に合わせて、ご自身に合ったカードローンを見つけて下さい。

カードローンの審査基準について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

お借り入れの審査基準について

まず、お借り入れ件数と年収と社会保証の有無が基準になります。お借り件数が、3件以上になるとだんだん厳しくなります。そして総量規制が、年収の3分の1を越す場合や総借り入れ件数のお借り入れ残高が、100万円越える場合も厳しくなります。

 

ちなみに、銀行系のカードローンも総量規制対象外ではありますけど新規のお客様に対しての審査には、総量規制も加味して審査してるみたいです。ここまでは、スコアリングと言う機械で採点します。

 

ここで合格した方は、審査員が審査します。

 

次にチェックするのは、ご返済中のローンや携帯の端末機代金などの各種ローンの遅延がないかです。これで引っ掛かる申請者様が、特に多いので注意です。過去半年間位は、お支払い期限を過ぎたお払いは載ります。

 

さらに、滞納が長引くと事故情報が載りますので、この時点で5年位は審査も厳しくなります。

 

この審査を基準にし社会保証の加入者か勤続年数や家族構成なども加味して審査員がご融資可能か判断し責任者等に可否を受けます。

 

これで可決しますそしてオペレーターに可決の電話を申請者様にして最後に在籍確認をします。

 

在籍確認は、何処の金融業者も気遣いしてくれます。

 

だいたい「○○なんですけど、○○さん居ますか?。」みたいな感じで終了します。

 

本人が出た時は、「○○ファイナンスの○○と申します。○○様でよろしいですか?」
「ご本人確認の為、生年月日よろしいでしょか?」や「ご本人確認の為に、ご住所をお聞きしたいのですが」みたいな感じで審査の方は、終了です。後は、カード発行です。

カードローンの審査基準

カードローンの申し込みをした時には審査に通るのか、本当に借入できるのか、誰しもが不安になりますよね。借入の審査基準とはどういうものなのでしょうか。
審査には4つの工程があります。

 

1.属性審査

年齢や収入、性別や勤務先、家族構成など、申込者自身の情報をみます。その情報から申込者に返済能力があるかチェックするのです。

 

2.信用情報審査

信用情報を管理している信用情報機関には、個人のカードローン・クレジット利用に関する情報が保存されています。その人の過去の借金の状況など信用情報を調べられると簡単にわかってしまいます。

 

3.書類確認
申込者が提出した運転免許証などの身分証明書や、源泉徴収票などの収入証明書を確認して申告した内容にウソがないかどうか、書類と照らしあわせます。

 

4.在籍確認
申込者の勤務先に電話をかけ、その人が在籍しているかどうか確認します。

 

この4つの審査をクリアするとカードローンの申し込みが成立したことになります。ただ、業者によっては審査の順番が変わることもあります。

 

4つの審査を見てわかった人もいるかもしれませんが、業者が様々な方法で審査をしているのは申込者が金を返してくれるか、信用できるかどうかを見極めるためです。

 

つまり、審査をクリアして融資を受けることができた人は業者から信用してもらえたということです。業者の信用には期日に返済という誠意で答えてください。

 

カードローンの審査について。

カードローンという言葉をよく広告やCMなんかで耳にすることが多い世の中になりましたが、カードローンは、ほかの消費者金融とはいろいろなことが異なります。カードローンは作製するときには、まず審査がございます。

 

審査には、インターネットから個人の情報を入力後、カードローン独自の審査の基準により、一次審査がおこなわれます。この個人の情報には、主には、年収だったり、世帯の収入、お借りいれの目的、また他社からの借り入れ額、勤務先の連絡先や、勤務形態、住まいか賃貸か、持ち家かなど、さまざまな情報を入力しなければなりません。

 

入力した後、審査結果が連絡されます。一次審査に通過したかたにはオペレーターの方から直接、電話がかかってきます。この電話では10分ほど質問がございます。

 

大体、以前に入力したインターネットからの、個人情報をくわしく質問してくるしくみとなっております。他社からのお借りいれ情報などは、正直にこたえましょう。

 

場合によっては、審査のさいに、勤務先に電話がかかってくることがございます。銀行系のばあいは、個人名か、銀行名かえらぶように連絡がきます。2次審査を通過したら、カウンターにて、カードを発行できます。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ