総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » アーカイブ

土日祝も使えるカードローンのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

土日祝のカードローンについて

●平日と土日祝何が違うのか?

 

平日と土日、カードローンローンを利用するときに、基本的に違う部分としては、銀行の振込が可能なのかどうか、というところにあります。今日中にキャッシングするための大前提は、今日中に振込がされることです。

 

例えば完全に自宅でキャッシングをしたいときには、

 

・ネットで申し込む
・審査
・契約
・業者が振込
・自分での口座に着金

 

という流れになっています。これはどの業者でも同じはずです。振込の1番のキーポイントとなるのは、営業時間。営業時間外に振込がをすれば、当然翌日の扱いになります。

 

●24時間365日反映可能な会社?

 

24時間365日、は少し言い過ぎかもしれませんが、金融機関と提携している業者は土日あっても振込が可能です。

 

例えば、プロミスだったら

・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行

 

アコムだったら
・三菱東京UFJ銀行
・楽天銀行
・ゆうちょ銀行

 

これらの口座を持っているのであれば、土日でも即日対応が可能です。

 

●即日といえば無人機

 

土日でも即日カードローンを利用したいけど、指定銀行の口座を持っていない…そんな時こそ無人機です。

 

必要書類が必要な場合がほとんどなので、ネット申し込みをして振り込んでもらうより面倒かもしれませんが、即日が可能です。

 

土日のカードローンできる、おすすめの会社

急な出費や、お金がひつようになるパターンは、平日だけでなく、土日にも発生いたします。土日に、カードローンにて、おかねをかりることが出来ないと、何かと不便にかんじてしまうとおもいます。

 

そのため、土日でも、気軽にキャッシングをすることができる、カードローン・キャッシングがございます。おすすむのカードローン・キャッシングですが、三井住友銀行カードローンになります。

 

こちらは、土日も、おかねをかりることができますし、また、1000円単位で、ひきだすことが、可能になります。コンビニエンスストアでももちろん、カードローンを使用することが、できます。ただ、時間にかんして、注意点がございます。

 

コンビニエンスストアのATMにつきましては、夜間は、21時以降、営業していない場合がございます。使うATMの営業時間を確認するなどしましょう。

 

また、三井住友銀行カードローンなら、土日でも、審査がおこなわれ、在籍確認などが月曜日になる場合でも、審査に通過したばあい、そのあとすぐに、カードを発行することが可能です。

 

審査も最短30ふんほどでおわり、所得証明書などの提出書類は不要で、身分証だけ必要でした。即日に、キャッシングができます。

 

 

WEBで申し込んで、契約、カード受け取り、そして借入までしてしまう。

人間なのですから、生きて毎日生活をしていれば、いきなりの入り用ってあるものですよね。でも、そういうときに手持ちがない。これでは困ってしまいます。そういえば、と、誰だって思い当たると思うのですが、こういうときのためにカードローンやキャッシングというサービスがあるのですね。

 

そんな状態は、いまも変わらないのだけれど、ただ、欲しいと思ったときが土日や祝日だったということも大いにあり得ることです。ほら、金融機関というのは、土日祝日は営業してないところが多いじゃないですか。

 

でも、今は土日や祝日でもカードローンやキャッシングができてしまうところも増えています。その方法はと言えば、カギはインターネットにあるのですね。

 

今どきの金融機関ではWEBを使って、申し込みから審査、そして借入までもできてしまうところが多い。WEB完結を全面に打ち出した消費者金融もあります。このWEBで申し込んで、審査の結果が出たら自動契約機で契約してカードを受け取り、そして借入までしてしまうのです。

 

この特徴を耳にしたときに、誰でもが、まずなにかを感じるのではないでしょうか。今はあたりまえのことのように捉えている方も多いですが、まだ知らなかったという人もけっして少なくないはずです。

 

想像もつかなかったというよりは、想像している余裕もなかった、というのが本音でしょう。新しい借入の手段に出合うことは、ほんとうに心強いことですね。

カードローンを使う時の主な注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

計画的に利用するべきカードローン

過去に、1980~1990年当たりに、カードローンの借入で、多重債務を抱えてしまって、横暴な取立てに耐え切れず自殺したり、過大な利息が貯まってしまって返済が出来なくなり、債務整理で自己破産を余儀なくされた人が増加した事がありました。

 

これは、先を見越した安定有る取引をせず、金融企業から貸し出しすぎたり、個人が借りすぎたりと、カードローンを計画的に利用していなかったツケが回って来たのでしょう。

 

このような事件をきっかけに、借入しやすい賃金業者の消費者金融業で、賃金業法による総量規制が制定されました。

 

総量規制の内容は、貸し過ぎない様に、収入がある人のみの貸出しとなり、年収入の3分の1以内のみと金額の制限を制定し、利息に置いても、利息制限法で金利の上限を制定されました。

 

これにより、カードローンを契約しても、借りすぎない状態になり、高すぎない利息で安定有る、金融取引を行える状態に変わって来ました。

 

これは、賃金業法の規制がかかることで、金融業社は、年収の3分の1以上は貸し出しできない状態となり、借り手の個人からは、年収の3分の1以上借りれない形となった事で、安全性のある取引となれたからでしょう。

 

自然と計画的に利用するように促す規制が入ることで、お互いがスムーズに取引が出来るより良い形となったと思います。

 

しかし、利用限度額は、低くなったとしても、借りて返して借りて返してと何度も繰り返す人も居て、一生借金を持って生きて行く人もいるので、借入したら、返済に専念してこなして行く方に変える計画性を持つと良いでしょう。

カードローンの申し込みは正確な情報提供が大事!

これからカードローンの申し込みを検討したいという場合、まず正確な情報を提供する必要があります。他社への借り入れ状況や勤務年数、年収など偽った情報を提供するとやはり審査の時点でバレることになります。

 

信用情報をもとに審査を行うので偽った情報はすぐにバレますし、時間もかかるためカードローンの申し込みに費やする時間がもったいないです。まず申し込みする前に提出する書類や条件などきちんと把握しておきましょう。

 

会社名、電話番号、勤務年数や年収など正確な情報を事前に調べておくことで申し込みする際には素早く手続きができます。公式ホームページより手続きができるので人目につくことなく安心して申し込みできます。

 

審査結果もスピーディーな対応で行われるため30分前後で結果がわかります。消費者金融系のカードローンは仕事をしていることが条件になるため、専業主婦の方は対象外になります。銀行系のカードローンは専業主婦も対象になることがあり、申し込みの条件を把握しておくことは大事です。

 

申し込み対象外で手続きした場合、やはり審査結果はご期待に沿うことができないことになります。事前チェックなどしっかり行った上で申し込みをしましょう。

カードローンは利用限度額をシッカリ確認しておこう!

カードローンは少額から利用することができるので、知らぬ間に活用して気づいたら返済がとてもじゃないけど厳しい状況になっていたということもあるでしょう。

 

やはり計画的なカードローンの使い方をすべきです。利用限度額をきちんと把握した上で活用しないと、制限オーバーになりますし返済がとても厳しい状況になります。

 

現在の借り入れ金額はカードローン会社のマイページへログインするとすぐチェックすることができますし、返済金額においても金利を含んだ金額で表示されるのでわざわざ金利の計算をすることもなく上手に借り入れと返済ができるようになります。

 

借り入れをしたら返済は必須になるため計画的なお金の使い方を行うことは重要です。お金のやりくりはカードローンを利用することで上手になることもありますし、お金の管理をシッカリ行うことで上手に生活していくことができます。

 

お金のことで悩まずに生活するためにカードローンの利用限度額を把握しておくことでお金の管理が上手になりますし、計画的な利用ができるようになります。

 

お給料前に少額借り入れした後、お給料が入ったらすぐ返済すると金利もごくわずかで済みますし負担も少なくて済むため活用上手になります。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ