総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 総量規制について » 総量規制対象外のカードローンについて

総量規制対象外のカードローンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

総量規制とその対象外の借入。

どうしても現金が必要なとき、今はカードローンとかキャッシングとかのサービスがあり、とっても便利にお金を借り入れることができるような世の中ですが、たとえば個人で融資を受けるとき、そこには決まり事もあるのですね。

 

すなわち、年収の3分の1までしか現金を借りることはできない。これがいわゆる総量規制というものです。そして、この年収の3分の1というのは、現在借り入れている総額のことで、特定の1社からの借入という意味ではありません。

 

確かに年収の3分の1を超える返済というのはとても厳しいものですよね。考えてみてもゾッとします。ですからこの総量規制という法律は、消費者を守るという意味もあるのです。

 

カードローンやキャッシングというものは、賢く使えばとても便利なものですが、使い方を誤ってしまうと恐ろしいものになるわけですからね。

 

ただし、この総量規制が適応されない融資もあるのです。それは銀行からお金を借りること。銀行からの借入は総量規制の対象外になります。

 

それから総量規制には例外もあるのですね。たとえば、住宅ローンや自動車ローンなどの借入は総量規制の対象外。他にも高額医療費や有価証券を担保とする借入、不動産を担保とする借入なども同じ扱いです。

 

個人向け貸付だけ総量規制対象となる

お金を借りる時に、総量規制と言うここまでしか融資できないと企業側から提示される規制があります。

 

それは賃金業者である、クレジットや信販や、消費者金融業が対象となる規制です。規制は融資額は年収の3分の1までと制限されるものであります。

 

これは、賃金業者であるクレジットや信販や消費者金融業の全ての融資が対象ではありません。対象となるのは、クレジットカードでのキャッシング利用の個人向け貸付と、信販会社のキャッシング利用の個人向け貸付と、消費者金融業の個人向け貸付だけが総量規制の対象となるのです。

 

貸付には、個人向け貸付以外にも、個人向け保証や、法人向け貸付や法人向け保証などの種類があるのですが、この中の個人向け貸付だけが総量規制の対象となり、融資額を規制しているようです。

 

総量規制は年収の3分の1までであるので、年収が多い人は多い金額を借入できますが、年収が少ない人は少しの金額しか借入できないでしょう。

 

そして、借入先1社に付き、年収の3分の1まででは無くて、複数の借入先の借入金額を合計をしてその金額が年収の3分の1を超えないようにしないといけませんので、複数他社でも借りている場合には、総量規制の金額よりも超えられないので、少額の融資となるでしょう。

 

もしも多くの金額を融資希望ならば、総量規制が掛からない企業である銀行系カードローンで申し込む方法も取ると良いでしょう。

 

総量規制対象のカードローン

カードローンのキャッシングには色々な業者が参入して来ていると言います。例えば銀行が行うカードローン、クレジットカードが行うカードローンなどもあります。

 

そんなカードローンは、総量規制と言う賃金業法の規制が掛かる場合があります。それは、総量規制に対象となるカードローンで適用されます。

 

その業者とは、信販系や、クレジット系や、消費者金融業が対象となります。銀行のカードローンは、総量規制対象とならないようです。

 

総量規制の対象となるカードローンは何が規制されるのかと言うと、借入金額に規制が掛かります。

 

それは、個人向けに融資されるカードローンに置いて、その個人の年収が3分の1を超えた金額を貸付してはいけないっと言う内容なのです。

 

だから総量規制対象となったカードローン会社に無理を言って、多く貸して欲しいと願い出ても、法律で規制が掛かっているので、完全に融通は効かない状態となるでしょう。

 

個人向けのカードローンのキャッシングは、無担保で、保証人なしで融資されるものです。だから、担保をつけますとか、保証人つけますと言っても、総量規制の対象となるカードローンのキャッシングは、年収で判断されるので、規制が掛かるそれ以上の金額は借入出来ない事になるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ