総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 総量規制について » 総量規制とはそもそも何か?

総量規制とはそもそも何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

個人向け貸付のみ対象

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

 

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。

 

その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

 

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

 

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。

 

貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

 

さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

 

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

 

法律事務所に行ってみよう。

自宅のポストにここ数年で、こうしたチラシが入る事が多くなっている様に感じませんか?それは、法律事務所からのお知らせです。また、車のカーラジオからも「過払い金」という言葉をよく耳にする事がありませんか?それが「総量規制」という事に関係しているのです。

 

金融機関等から、以前お金の融資を受けていた事がある人が対象になる法律なのですが、この総量規制という法律に該当する人は実はかなりいるのです。

 

過払い金という事に該当するのです。ですが、こうした事例に気が付くにも利用する先が「法律事務所」になるのです。法律事務所と聞くだけで、敷居の高さを感じてしまう。そんな気持ちになると思います。こうした日本人特有の考え方で、実は払いすぎている利息を返還してもらえる事にさえ、気が付かないで終わってしまっている事が多いのです。

 

一般的には、「謝金の返還で困っている」そんな時に法律事務所の力を借りるなんてことが多いかと思われますが、総量規制に関する問題でも法律事務所は初回相談料無料にて、相談出来るシステムの所が多いので、払い込んだ利息に関して等疑問がある。そんな時は、法律事務所にフリーコールをしてみるといいと思います。案外、返還の対象になる事がありますよ。

 

総量規制とは何かについて

総量規制とは、個人の借入金額の合計額が年収の3分の1までと定められている法律のことです。貸付の契約には、個人に対する貸付、法人に対する貸付、個人向け保証、法人向け保証の4種類がありますが、総量規制の対象となるのは個人に対する貸付のみになります。

 

個人の顧客から貸付の申し込みを受けた場合には、貸金業者は指定情報機関が所有している個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借り入れがないかどうかということを調べます。総量規制で定められている年収の3分の1までの金額というのは、他の業者からの借り入れ金額と合算した金額になるので、一社から限度額まで借り入れることができるというものではありません。

 

貸金業者は、利用者とリボルビング契約を締結した場合には、1か月の貸付の合計額が5万円を超え、貸付の残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から信用情報を入手し、残高を調べる必要があります。

 

貸金業者が50万円を超える貸付を行う場合、または他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円以上の貸付を行うという場合には、利用者から収入がわかる書類を提出してもらう必要があります。

 

総量規制には、除外と例外のケースもあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ