総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 総量規制について » 総量規制対象外のカードローン審査のポイント!

総量規制対象外のカードローン審査のポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ローン申し込みの前に確認したい総量規制

ローンを申し込みする際に注意する点が一つあります。それは、総量規制という制度があることです。総量規制とは、一般の消費者金融からお金を貸してもらう場合、申し込み者の収入の3分の1以上の金額は貸付出来ないという制度です。

 

例で言うと、年収300万円の会社員の方が申し込みする場合は、貸付限度額が3分の1なので100万円までになります。

 

では、年収の3分の1以上の金額が必要な場合はもう無理なのかというとそうではありません。この総量規制が適応されるのは、プロミスさんやアコムさんのような消費者金融と呼ばれる金融会社から融資される場合のみ貸金法にのっとり適応されるのです。

 

では、総量規制が適応されない場合とはどういう時かです。主な例でいうと銀行のカードローンです。銀行の場合は、貸金法ではなく銀行法で貸付を行なっているので総量規制は対象外になります。また、消費者金融でもいくつかのローンをまとめるおまとめローンは消費者金融からの貸付でも総量規制の対象ではありません。

 

そして、住宅ローンやカ―ローンも総量規制の対象外にあたります。

 

総量規制適応で意外に引っ掛かりやすいのがクレジットカードです。クレジットカードは、ショッピング枠は、総量規制の対象外です。しかし、キャッシング枠は総量規制対象になります。このため、クレジットカード作成時に審査に落ちるという方はキャッシング枠を外して申し込みをすると審査に通ることがあります。

 

このように、ローンに申し込みをして審査が不安という方は、先に先方の金融会社が総量規制適応かどうか調べてから申し込みをすると気持ちの面では少し楽になります。

貸金業者からお金を借りる方法(総量規制について)

お金を借りたいと思ったときに、貸金業者を利用する際、貸付けを断られてしまうことがあります。例えば、年収の3分の1以上のお金(「総量」)を、他の貸金業者からの借入れ分もあわせて既に借りている場合、新しく借入れすることができない(「規制」)ケースがあります。これが、総量規制と言われるものです。

 

では、この総量規制で新たな貸付けを断られた場合、借り手としてはどう対処したらいいでしょうか?いくつかの方法がありますので紹介します。

 

●結婚している場合は、自分と配偶者の年収をあわせた金額の3分の1以上の借入額がなければ、新しく借入することができます。

 

●総量規制は貸金業者について適用されるので、銀行や銀行のカードローンにからの借入れを試してみる。

 

●総量規制にかかっている状態でもクレジットカードのショッピングは利用できるので、ショッピング代を借入れしようと思っている場合などは、クレジットカードのショッピングを試してみる。

 

●総量規制は個人の借入れに対する規制なので、利用目的が事業資金などの場合は、法人名義で借入れを申し込んでみる。

 

●緊急の医療費などのために借入を希望している場合は、緊急の医療費は総量規制の例外にあたるので、貸金業者にその旨伝えてみる。

 

その他にも例外規定などありますので、WEBで一度検索してみてください。

総量規制対象と総量規制対象外

カードローンでお金を借りる時に、総量規制と言う、幾らまでしか融資できないという規制があります。

 

それら総量規制対象となるのは、消費者金融業の借入や、信販会社のキャッシングや、クレジット会社のクレジットカードのキャッシングで行われる規制です。これらは賃金業法にかかるので総量規制の対象となります。

 

総量規制の内容は、年収の3分の1以上を超えた融資をしてはならないという規制です。だから年収の3分の1以下ならば、融資可能であります。

 

そして総量規制対象外の金融業と言うのは、銀行系カードローンがあります。銀行は銀行法に添って融資を行いますので、総量規制の対象とはなりません。

 

だから総量規制である年収3分の1を超えた融資は可能ではあります。

 

消費者金融業や信販やクレジットでも、総量規制対象外の融資もあります。総量規制は個人が無担保、無保証で借入する場合に適応されるので、それ以外の借入の場合には総量規制は対象外となります。

 

例えば、不動産購入貸付や、車購入貸付、不動産担保借入、有価証券担保借入、手形の割引、高額医療貸付、など他にも色々あります。

 

そして、個人で無担保、無保証で借入する場合にもおまとめローンの場合には総量規制は対象外となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ