総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 審査基準について » カードローンの審査基準について

カードローンの審査基準について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

お借り入れの審査基準について

まず、お借り入れ件数と年収と社会保証の有無が基準になります。お借り件数が、3件以上になるとだんだん厳しくなります。そして総量規制が、年収の3分の1を越す場合や総借り入れ件数のお借り入れ残高が、100万円越える場合も厳しくなります。

 

ちなみに、銀行系のカードローンも総量規制対象外ではありますけど新規のお客様に対しての審査には、総量規制も加味して審査してるみたいです。ここまでは、スコアリングと言う機械で採点します。

 

ここで合格した方は、審査員が審査します。

 

次にチェックするのは、ご返済中のローンや携帯の端末機代金などの各種ローンの遅延がないかです。これで引っ掛かる申請者様が、特に多いので注意です。過去半年間位は、お支払い期限を過ぎたお払いは載ります。

 

さらに、滞納が長引くと事故情報が載りますので、この時点で5年位は審査も厳しくなります。

 

この審査を基準にし社会保証の加入者か勤続年数や家族構成なども加味して審査員がご融資可能か判断し責任者等に可否を受けます。

 

これで可決しますそしてオペレーターに可決の電話を申請者様にして最後に在籍確認をします。

 

在籍確認は、何処の金融業者も気遣いしてくれます。

 

だいたい「○○なんですけど、○○さん居ますか?。」みたいな感じで終了します。

 

本人が出た時は、「○○ファイナンスの○○と申します。○○様でよろしいですか?」
「ご本人確認の為、生年月日よろしいでしょか?」や「ご本人確認の為に、ご住所をお聞きしたいのですが」みたいな感じで審査の方は、終了です。後は、カード発行です。

カードローンの審査基準

カードローンの申し込みをした時には審査に通るのか、本当に借入できるのか、誰しもが不安になりますよね。借入の審査基準とはどういうものなのでしょうか。
審査には4つの工程があります。

 

1.属性審査

年齢や収入、性別や勤務先、家族構成など、申込者自身の情報をみます。その情報から申込者に返済能力があるかチェックするのです。

 

2.信用情報審査

信用情報を管理している信用情報機関には、個人のカードローン・クレジット利用に関する情報が保存されています。その人の過去の借金の状況など信用情報を調べられると簡単にわかってしまいます。

 

3.書類確認
申込者が提出した運転免許証などの身分証明書や、源泉徴収票などの収入証明書を確認して申告した内容にウソがないかどうか、書類と照らしあわせます。

 

4.在籍確認
申込者の勤務先に電話をかけ、その人が在籍しているかどうか確認します。

 

この4つの審査をクリアするとカードローンの申し込みが成立したことになります。ただ、業者によっては審査の順番が変わることもあります。

 

4つの審査を見てわかった人もいるかもしれませんが、業者が様々な方法で審査をしているのは申込者が金を返してくれるか、信用できるかどうかを見極めるためです。

 

つまり、審査をクリアして融資を受けることができた人は業者から信用してもらえたということです。業者の信用には期日に返済という誠意で答えてください。

 

カードローンの審査について。

カードローンという言葉をよく広告やCMなんかで耳にすることが多い世の中になりましたが、カードローンは、ほかの消費者金融とはいろいろなことが異なります。カードローンは作製するときには、まず審査がございます。

 

審査には、インターネットから個人の情報を入力後、カードローン独自の審査の基準により、一次審査がおこなわれます。この個人の情報には、主には、年収だったり、世帯の収入、お借りいれの目的、また他社からの借り入れ額、勤務先の連絡先や、勤務形態、住まいか賃貸か、持ち家かなど、さまざまな情報を入力しなければなりません。

 

入力した後、審査結果が連絡されます。一次審査に通過したかたにはオペレーターの方から直接、電話がかかってきます。この電話では10分ほど質問がございます。

 

大体、以前に入力したインターネットからの、個人情報をくわしく質問してくるしくみとなっております。他社からのお借りいれ情報などは、正直にこたえましょう。

 

場合によっては、審査のさいに、勤務先に電話がかかってくることがございます。銀行系のばあいは、個人名か、銀行名かえらぶように連絡がきます。2次審査を通過したら、カウンターにて、カードを発行できます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ