総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 審査基準について » 総量規制と審査基準の大切な3つのお話

総量規制と審査基準の大切な3つのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンの審査基準について

カードローンを申し込むときに気になるのが審査基準です。申し込んでも審査に通過できるのかが不安になります。審査基準として最も有名なのは個人情報機関での照会です。今回申し込みのカードローン以外に他に借り入れがどのくらいあるのかを確認します。

 

他社での借り入れが多いと審査基準に達することが出来ずに通過できないということもあります。また、過去に債務整理や自己破産などをしているかの情報も合わせて確認をします。

 

個人情報機関は現在の借り入れ状況はもちろんですが、過去の返済状況なども合わせて確認することができます。自己破産や債務整理などを行っていれば5年間は履歴が残り審査を通過することはできません。

 

本人性確認についてはゼンリン住宅地図などで自宅住所や勤務先所在地の確認をします。会社への在籍確認は必ずではなく、行われずに審査を通過する場合もあります。雇用形態などによって決めている企業もあるようです。

 

カードローンの申し込みには利用用途を記載する箇所が必ずあります。生活費がほしくてお金を借りたい気持ちはわかりますが、この欄にはレジャーと記入するようにしましょう。

 

生活費に余裕がなくてお金を借りにくる人と、ゴルフや旅行などのレジャーに使うお金を借りにくる人では後者のほうが返済をしてもらえる可能性が高いと判断するからです。

 

また、街頭にある無人端末機で申し込みをする際は音声や映像でもチェックされていますので態度にはきをつけたほうがいいでしょう。

 

カードローンの審査基準とは何かについて。

カードローンの審査に通過する最低基準は一定の収入があり、20歳以上66歳未満で他社からの借入がない事です。また、審査に通る為に、記入間違いをせずに限度額を控えめにし、申込みは1社だけにします。

 

まず、記入間違いは嘘の情報を流した事になってしまうので注意して下さい。1番まずい行動です。特に、勤務先情報が記載漏れしていた場合、大変な信頼を失う事になります。1度失った信用は、戻ってきませんので、記入する時はしつこく見直して下さい。また、嘘の無い範囲で自分を良く見せるように書きましょう。

 

次に、初めて借りるのであれば、金融業者との信頼関係を築くのが重要です。限度額を低めに設定していると、返済計画を立てているとアピールできます。また、銀行カードローンの場合は、増額審査も可能なので初回が少額でも後日100万円を申込む事も可能です。

 

そして、複数の金融機関に申込みをすると、返済先が増えたと思われるので返済能力の低下が懸念され、通過が遠のきます。

 

最後に、カードローン審査に1度落ちても3か月後に再び審査に申込めば、同じカード会社でも審査に通る事があります。また、10秒でできる簡易審査等も流通しているので利用してみて下さい。

 

カードローン申し込み、基本的な審査基準

急にお金が必要な時、近くのATMからすぐにお金を借りることが出来る便利なカードローンですが、当然申込みには審査が必要となります。カードローンの種類によって厳密な審査基準は異なりますが、大体の基準は似ています。以下に紹介しますので、カードローンの申し込みを検討されている方は、参考にしてみてください。

 

まず、他社でカードローンの利用があるかどうか、がポイントとなってきます。これまで他社での借入がなくても、複数のカードローン会社に同時に申し込むことも、審査通過を難しくさせるので注意しましょう。

 

次に、収入があるかどうかです。他の融資関係よりは基準が低く、アルバイトや年金受給の方でも利用出来るのがカードローンのポイントではありますが、全く収入の無い方は当然、審査に受からない可能性が高いです。

 

そして、これまでに借入の延滞があった人も、金融機関のブラックリストに登録されてしまっていて審査を通らないことがあります。この借入延滞とはカードローンだけでなく、クレジットカードの決済が出来なかった、といったことも該当します。

 

銀行のカードローンは消費者金融に比べて審査基準が厳しい、といった話も有名ですので、一社で申込不可でも他社では申込可能ということもあります。ご自身の状況に合わせて、ご自身に合ったカードローンを見つけて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ