総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 未分類 » やみくもにお金を使うのをやめるのではなく、何が必要で何が不要なのか分類するのが大事

やみくもにお金を使うのをやめるのではなく、何が必要で何が不要なのか分類するのが大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

今月もうこれだけしかお金がない!そう思うことは度々あります。毎月それなりに節約生活を心がけていても、何らかのお祝いや予期せぬ病院代がかかってしまったり。そうなったらどこかを見直さなければいけないんですけど、私の場合、まず何に使うお金が必要で何が不要なのか分類することに決めています。私はショッピングが好きで、お休みの日などとりあえずあてもなくウィンドウショッピングに出かけます。私の場合、街を歩くこと、いろいろな服や雑貨をみたりすることがかなり楽しくこれが日頃のストレス解消になっているためこの趣味は欠かせません。しかし、これってお金がかかるんです。そこでここを見直したいと思います。まず、服。私には気に入っているブランドがあって、私のクローゼットは大部分がそこのブランドを占めています。おしゃれで使いやすくて質もよい大好きなブランドですが、そうなるとやっぱりお値段の方もなかなか・・。ここで服を買うのをあきらめるか、もっと安い服を探すというのも手だと思いますが、私は決してそうはしません。自分の好きなものに包まれていると心が豊かになり自信が付きます。ケチってしまうと、勝手の悪い服に包まれた不快感と、妥協してしまった自分のふがいなさに気分が落ち込んでしまうのです。服に対して節約できない私は代わりにウィンドウショッピングの途中、お茶やランチをするのをあきらめます。また一駅二駅くらいなら歩きます。これが、意外に自分には心地よいのです。外食をあきらめるたりいつもより歩くことでダイエットにつながり健康的だと前向きになれるし、公園で持参したお茶とお弁当を楽しみながら季節の移ろいを知ることも普段窓の外をみることなく会社で仕事づくめの私には新鮮で気持ちがいいものなのです。何が必要で何が不要か。私にとってそれは、自分の気持ちが前向きに心地よくなることが必要で、そうでない、あるいは考え方を変えると必要でなくなるものは不要なのです。おかげでストレスなく金欠時を乗り切れていますよ!オリックス銀行カードローン審査

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  未分類 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ