総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » 未分類 » 家計簿の作成と全体に占める食費の割合

家計簿の作成と全体に占める食費の割合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

4年前の学生時代からお金の管理をする習慣をつけようとスマートフォンで家計簿アプリをダウンロードしました。その前は全くお金の管理に関して興味はなかったのですが、自分が思っている以上にお金が減っていくので管理しようと決めました。4年間やってきて思えるのは食費特に外食費がかなりの割合を占めていることでした。自炊すると1日約400円で済むところが、1回外食するだけで4000円もすることも多かったです。そんなときはできるだけ飲みに誘われても必要以上に行くことを避けました。必要最低限の外食にすることでかなり食費は減りました。ただ、社会人である以上付き合いというのはあるのでほどほどにいっています。
そして、その外食の予定がある日で自炊するときは、自炊する分の食料を減らすことで全体的な食費の削減にもなり、前よりより外食を楽しめるようになったり、節約にもなりました。そんな風に結局、辛いと思うような節約では長期間続かないし、面白くないので色々考えながら節約を楽しんでいます。
あと、食費の考え方としては4000円の外食が400円の自炊に比べて果たして10倍の価値があるのか、10倍のおいしさがあるのかと考えると、自分でちょっと贅沢な食材を買って友人を家に招き食事会をする方が気もつかわずに、好きな物も食べれるのでとても良い節約だと思っています。家でする食事会をする方が新鮮で食費も浮くので是非お勧めします。バンクイック審査

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  未分類 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ