総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム

カードローンの審査基準について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

お借り入れの審査基準について

まず、お借り入れ件数と年収と社会保証の有無が基準になります。お借り件数が、3件以上になるとだんだん厳しくなります。そして総量規制が、年収の3分の1を越す場合や総借り入れ件数のお借り入れ残高が、100万円越える場合も厳しくなります。

 

ちなみに、銀行系のカードローンも総量規制対象外ではありますけど新規のお客様に対しての審査には、総量規制も加味して審査してるみたいです。ここまでは、スコアリングと言う機械で採点します。

 

ここで合格した方は、審査員が審査します。

 

次にチェックするのは、ご返済中のローンや携帯の端末機代金などの各種ローンの遅延がないかです。これで引っ掛かる申請者様が、特に多いので注意です。過去半年間位は、お支払い期限を過ぎたお払いは載ります。

 

さらに、滞納が長引くと事故情報が載りますので、この時点で5年位は審査も厳しくなります。

 

この審査を基準にし社会保証の加入者か勤続年数や家族構成なども加味して審査員がご融資可能か判断し責任者等に可否を受けます。

 

これで可決しますそしてオペレーターに可決の電話を申請者様にして最後に在籍確認をします。

 

在籍確認は、何処の金融業者も気遣いしてくれます。

 

だいたい「○○なんですけど、○○さん居ますか?。」みたいな感じで終了します。

 

本人が出た時は、「○○ファイナンスの○○と申します。○○様でよろしいですか?」
「ご本人確認の為、生年月日よろしいでしょか?」や「ご本人確認の為に、ご住所をお聞きしたいのですが」みたいな感じで審査の方は、終了です。後は、カード発行です。

カードローンの審査基準

カードローンの申し込みをした時には審査に通るのか、本当に借入できるのか、誰しもが不安になりますよね。借入の審査基準とはどういうものなのでしょうか。
審査には4つの工程があります。

 

1.属性審査

年齢や収入、性別や勤務先、家族構成など、申込者自身の情報をみます。その情報から申込者に返済能力があるかチェックするのです。

 

2.信用情報審査

信用情報を管理している信用情報機関には、個人のカードローン・クレジット利用に関する情報が保存されています。その人の過去の借金の状況など信用情報を調べられると簡単にわかってしまいます。

 

3.書類確認
申込者が提出した運転免許証などの身分証明書や、源泉徴収票などの収入証明書を確認して申告した内容にウソがないかどうか、書類と照らしあわせます。

 

4.在籍確認
申込者の勤務先に電話をかけ、その人が在籍しているかどうか確認します。

 

この4つの審査をクリアするとカードローンの申し込みが成立したことになります。ただ、業者によっては審査の順番が変わることもあります。

 

4つの審査を見てわかった人もいるかもしれませんが、業者が様々な方法で審査をしているのは申込者が金を返してくれるか、信用できるかどうかを見極めるためです。

 

つまり、審査をクリアして融資を受けることができた人は業者から信用してもらえたということです。業者の信用には期日に返済という誠意で答えてください。

 

カードローンの審査について。

カードローンという言葉をよく広告やCMなんかで耳にすることが多い世の中になりましたが、カードローンは、ほかの消費者金融とはいろいろなことが異なります。カードローンは作製するときには、まず審査がございます。

 

審査には、インターネットから個人の情報を入力後、カードローン独自の審査の基準により、一次審査がおこなわれます。この個人の情報には、主には、年収だったり、世帯の収入、お借りいれの目的、また他社からの借り入れ額、勤務先の連絡先や、勤務形態、住まいか賃貸か、持ち家かなど、さまざまな情報を入力しなければなりません。

 

入力した後、審査結果が連絡されます。一次審査に通過したかたにはオペレーターの方から直接、電話がかかってきます。この電話では10分ほど質問がございます。

 

大体、以前に入力したインターネットからの、個人情報をくわしく質問してくるしくみとなっております。他社からのお借りいれ情報などは、正直にこたえましょう。

 

場合によっては、審査のさいに、勤務先に電話がかかってくることがございます。銀行系のばあいは、個人名か、銀行名かえらぶように連絡がきます。2次審査を通過したら、カウンターにて、カードを発行できます。

総量規制対象外のカードローン審査のポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ローン申し込みの前に確認したい総量規制

ローンを申し込みする際に注意する点が一つあります。それは、総量規制という制度があることです。総量規制とは、一般の消費者金融からお金を貸してもらう場合、申し込み者の収入の3分の1以上の金額は貸付出来ないという制度です。

 

例で言うと、年収300万円の会社員の方が申し込みする場合は、貸付限度額が3分の1なので100万円までになります。

 

では、年収の3分の1以上の金額が必要な場合はもう無理なのかというとそうではありません。この総量規制が適応されるのは、プロミスさんやアコムさんのような消費者金融と呼ばれる金融会社から融資される場合のみ貸金法にのっとり適応されるのです。

 

では、総量規制が適応されない場合とはどういう時かです。主な例でいうと銀行のカードローンです。銀行の場合は、貸金法ではなく銀行法で貸付を行なっているので総量規制は対象外になります。また、消費者金融でもいくつかのローンをまとめるおまとめローンは消費者金融からの貸付でも総量規制の対象ではありません。

 

そして、住宅ローンやカ―ローンも総量規制の対象外にあたります。

 

総量規制適応で意外に引っ掛かりやすいのがクレジットカードです。クレジットカードは、ショッピング枠は、総量規制の対象外です。しかし、キャッシング枠は総量規制対象になります。このため、クレジットカード作成時に審査に落ちるという方はキャッシング枠を外して申し込みをすると審査に通ることがあります。

 

このように、ローンに申し込みをして審査が不安という方は、先に先方の金融会社が総量規制適応かどうか調べてから申し込みをすると気持ちの面では少し楽になります。

貸金業者からお金を借りる方法(総量規制について)

お金を借りたいと思ったときに、貸金業者を利用する際、貸付けを断られてしまうことがあります。例えば、年収の3分の1以上のお金(「総量」)を、他の貸金業者からの借入れ分もあわせて既に借りている場合、新しく借入れすることができない(「規制」)ケースがあります。これが、総量規制と言われるものです。

 

では、この総量規制で新たな貸付けを断られた場合、借り手としてはどう対処したらいいでしょうか?いくつかの方法がありますので紹介します。

 

●結婚している場合は、自分と配偶者の年収をあわせた金額の3分の1以上の借入額がなければ、新しく借入することができます。

 

●総量規制は貸金業者について適用されるので、銀行や銀行のカードローンにからの借入れを試してみる。

 

●総量規制にかかっている状態でもクレジットカードのショッピングは利用できるので、ショッピング代を借入れしようと思っている場合などは、クレジットカードのショッピングを試してみる。

 

●総量規制は個人の借入れに対する規制なので、利用目的が事業資金などの場合は、法人名義で借入れを申し込んでみる。

 

●緊急の医療費などのために借入を希望している場合は、緊急の医療費は総量規制の例外にあたるので、貸金業者にその旨伝えてみる。

 

その他にも例外規定などありますので、WEBで一度検索してみてください。

総量規制対象と総量規制対象外

カードローンでお金を借りる時に、総量規制と言う、幾らまでしか融資できないという規制があります。

 

それら総量規制対象となるのは、消費者金融業の借入や、信販会社のキャッシングや、クレジット会社のクレジットカードのキャッシングで行われる規制です。これらは賃金業法にかかるので総量規制の対象となります。

 

総量規制の内容は、年収の3分の1以上を超えた融資をしてはならないという規制です。だから年収の3分の1以下ならば、融資可能であります。

 

そして総量規制対象外の金融業と言うのは、銀行系カードローンがあります。銀行は銀行法に添って融資を行いますので、総量規制の対象とはなりません。

 

だから総量規制である年収3分の1を超えた融資は可能ではあります。

 

消費者金融業や信販やクレジットでも、総量規制対象外の融資もあります。総量規制は個人が無担保、無保証で借入する場合に適応されるので、それ以外の借入の場合には総量規制は対象外となります。

 

例えば、不動産購入貸付や、車購入貸付、不動産担保借入、有価証券担保借入、手形の割引、高額医療貸付、など他にも色々あります。

 

そして、個人で無担保、無保証で借入する場合にもおまとめローンの場合には総量規制は対象外となります。

総量規制とはそもそも何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

個人向け貸付のみ対象

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

 

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。

 

その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

 

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

 

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。

 

貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

 

さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

 

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

 

法律事務所に行ってみよう。

自宅のポストにここ数年で、こうしたチラシが入る事が多くなっている様に感じませんか?それは、法律事務所からのお知らせです。また、車のカーラジオからも「過払い金」という言葉をよく耳にする事がありませんか?それが「総量規制」という事に関係しているのです。

 

金融機関等から、以前お金の融資を受けていた事がある人が対象になる法律なのですが、この総量規制という法律に該当する人は実はかなりいるのです。

 

過払い金という事に該当するのです。ですが、こうした事例に気が付くにも利用する先が「法律事務所」になるのです。法律事務所と聞くだけで、敷居の高さを感じてしまう。そんな気持ちになると思います。こうした日本人特有の考え方で、実は払いすぎている利息を返還してもらえる事にさえ、気が付かないで終わってしまっている事が多いのです。

 

一般的には、「謝金の返還で困っている」そんな時に法律事務所の力を借りるなんてことが多いかと思われますが、総量規制に関する問題でも法律事務所は初回相談料無料にて、相談出来るシステムの所が多いので、払い込んだ利息に関して等疑問がある。そんな時は、法律事務所にフリーコールをしてみるといいと思います。案外、返還の対象になる事がありますよ。

 

総量規制とは何かについて

総量規制とは、個人の借入金額の合計額が年収の3分の1までと定められている法律のことです。貸付の契約には、個人に対する貸付、法人に対する貸付、個人向け保証、法人向け保証の4種類がありますが、総量規制の対象となるのは個人に対する貸付のみになります。

 

個人の顧客から貸付の申し込みを受けた場合には、貸金業者は指定情報機関が所有している個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借り入れがないかどうかということを調べます。総量規制で定められている年収の3分の1までの金額というのは、他の業者からの借り入れ金額と合算した金額になるので、一社から限度額まで借り入れることができるというものではありません。

 

貸金業者は、利用者とリボルビング契約を締結した場合には、1か月の貸付の合計額が5万円を超え、貸付の残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から信用情報を入手し、残高を調べる必要があります。

 

貸金業者が50万円を超える貸付を行う場合、または他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円以上の貸付を行うという場合には、利用者から収入がわかる書類を提出してもらう必要があります。

 

総量規制には、除外と例外のケースもあります。

総量規制対象外のカードローンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

総量規制とその対象外の借入。

どうしても現金が必要なとき、今はカードローンとかキャッシングとかのサービスがあり、とっても便利にお金を借り入れることができるような世の中ですが、たとえば個人で融資を受けるとき、そこには決まり事もあるのですね。

 

すなわち、年収の3分の1までしか現金を借りることはできない。これがいわゆる総量規制というものです。そして、この年収の3分の1というのは、現在借り入れている総額のことで、特定の1社からの借入という意味ではありません。

 

確かに年収の3分の1を超える返済というのはとても厳しいものですよね。考えてみてもゾッとします。ですからこの総量規制という法律は、消費者を守るという意味もあるのです。

 

カードローンやキャッシングというものは、賢く使えばとても便利なものですが、使い方を誤ってしまうと恐ろしいものになるわけですからね。

 

ただし、この総量規制が適応されない融資もあるのです。それは銀行からお金を借りること。銀行からの借入は総量規制の対象外になります。

 

それから総量規制には例外もあるのですね。たとえば、住宅ローンや自動車ローンなどの借入は総量規制の対象外。他にも高額医療費や有価証券を担保とする借入、不動産を担保とする借入なども同じ扱いです。

 

個人向け貸付だけ総量規制対象となる

お金を借りる時に、総量規制と言うここまでしか融資できないと企業側から提示される規制があります。

 

それは賃金業者である、クレジットや信販や、消費者金融業が対象となる規制です。規制は融資額は年収の3分の1までと制限されるものであります。

 

これは、賃金業者であるクレジットや信販や消費者金融業の全ての融資が対象ではありません。対象となるのは、クレジットカードでのキャッシング利用の個人向け貸付と、信販会社のキャッシング利用の個人向け貸付と、消費者金融業の個人向け貸付だけが総量規制の対象となるのです。

 

貸付には、個人向け貸付以外にも、個人向け保証や、法人向け貸付や法人向け保証などの種類があるのですが、この中の個人向け貸付だけが総量規制の対象となり、融資額を規制しているようです。

 

総量規制は年収の3分の1までであるので、年収が多い人は多い金額を借入できますが、年収が少ない人は少しの金額しか借入できないでしょう。

 

そして、借入先1社に付き、年収の3分の1まででは無くて、複数の借入先の借入金額を合計をしてその金額が年収の3分の1を超えないようにしないといけませんので、複数他社でも借りている場合には、総量規制の金額よりも超えられないので、少額の融資となるでしょう。

 

もしも多くの金額を融資希望ならば、総量規制が掛からない企業である銀行系カードローンで申し込む方法も取ると良いでしょう。

 

総量規制対象のカードローン

カードローンのキャッシングには色々な業者が参入して来ていると言います。例えば銀行が行うカードローン、クレジットカードが行うカードローンなどもあります。

 

そんなカードローンは、総量規制と言う賃金業法の規制が掛かる場合があります。それは、総量規制に対象となるカードローンで適用されます。

 

その業者とは、信販系や、クレジット系や、消費者金融業が対象となります。銀行のカードローンは、総量規制対象とならないようです。

 

総量規制の対象となるカードローンは何が規制されるのかと言うと、借入金額に規制が掛かります。

 

それは、個人向けに融資されるカードローンに置いて、その個人の年収が3分の1を超えた金額を貸付してはいけないっと言う内容なのです。

 

だから総量規制対象となったカードローン会社に無理を言って、多く貸して欲しいと願い出ても、法律で規制が掛かっているので、完全に融通は効かない状態となるでしょう。

 

個人向けのカードローンのキャッシングは、無担保で、保証人なしで融資されるものです。だから、担保をつけますとか、保証人つけますと言っても、総量規制の対象となるカードローンのキャッシングは、年収で判断されるので、規制が掛かるそれ以上の金額は借入出来ない事になるでしょう。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ