総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » アーカイブ

カードローンで必要な審査書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

必用書類はセルフチェックが必用です

急にお金が必用になり、あわててカードローンの申込に行ったのに、書類の不備で契約が出来なかったなんて経験はありませんか。せっかく行ったのに、二度手間なんてしたくないですよね。

 

そんな事にならないよう、出掛ける前に自分で確認しましょう。

 

金融期間によって多少の違いはありますが、免許証、健康保険証、パスポートのどれかがあれば申込が出来ます。

 

ですが、持っていれば良いという訳ではありません。もう一度と言われない為に自分の証明書をチェックしましょう。

 

まず、一番信頼度がある免許証。免許証があれば、その場でカード発行が可能です。

 

カードを受け取る為にも、念の為確認して下さい。

 

1.現住所が記載されていますか?当たり前の事なのに、住所変更していないものを持って来る人も多いんです。

 

2.汚れや傷などで見えにくい、又は消えてしまっている箇所はありませんか?免許証番号が見えれば良いという訳ではありません。名前、生年月日、住所、有効期限などが確認出来る状態でないと有効にはなりません。

 

3.裏面の変更箇所に押される公安の印は消えていませんか?はっきり見えなくても、押されている事がわかれば問題ありません。

 

上記の3つが問題なければ後は審査結果を待つのみです。

 

保険証、パスポートの場合も現住所が記載されている事が第一条件です。ただ、この2つは自分で住所を記入するものなので、金融機関によってはカードが郵送になるところもあります。

 

国民健康保険証は住所が印刷されているので、変更手続きが必用です。そして有効期限があるので、期限切れでない事を確認して下さい。

 

パスポートを持参すると、大抵の人は保険証なので、保険証を持っていないか出せない事情があるのでは、と少し頭の片隅にインプットされる場合もあるので、出来れば免許証か保険証の申込をお勧めします。

 

事前にこれをチェックしておけば、出直しという最悪の事態を防ぐ事が出来ます。
さぁ、お金を借りに行きましょう。

 

カードローンの審査を受けるに必要な書類

カードローンの申し込みには、審査がありますっと。テレビコマーシャルでも念を押すように、言うているようですが、カードローンを借りるのには、審査を通り抜けないとお金を貸しては貰えません。

 

それで、カードローンの審査を受けるのに、必要な書類があるのです。それは、まずは、申し込み種類です。

 

本人の属性などを記入するのです。属性の内容は、名前や、住所や、勤務先、電話番号、家の住居年数、家族構成、勤続年数、他社の借入あるかどうか、年収は幾らかなど、そのような自分自身の身の回りのことを伝えるのです。

 

店頭申し込みなら、手書きで記入しますが、ネット申し込みなら、入力をします。

 

そして、現物の書類としては、身分証明書が必要です。運転免許証なら、特に好ましいようですが、無いのであるならば、その代わりになる身分証明書が必要です。

 

代わりになるものは、保険証、パスポート、公的証明などです。

 

この身分証明書は、店頭申し込みや、無人機器の申し込みなら、現物持参となります。忘れた場合には、受付して貰えませんので、申し込みが出来ません。

 

そしてネット申し込みなら、必要書類の運転免許証の現物の写真を撮って、ぞれをアップロードして送信すると良いでしょう。

 

このように、カードローンを申し込み、審査を受けるのに、絶対に、身分証明書は必要な書類になって来るようです。

 

その他に、借入額に応じて、所得が解る収入証明書も必要な場合もありますが、だいたい50万までなら、運転免許証などの、身分証明書のみ良いようです。

 

カードローン会社により、異なる。

カードローンをつくるさいには、審査が必要です。審査は、さいしょ、インターネット上にて、個人情報を入力するだけで、簡単に審査をしていただけますが、カウンターに、いくさいは、必要書類を持参しなければ、なりません。

 

必要書類ですが、顔写真つきの、身分証明書類になります。

 

そのさい、住所も、入っていなければなりません。免許証、パスポート、住民基本台帳カードになります。こちらを持参して、カウンターにいったさい、機械の指示によって、提出いたします。年収の証明書がひつようになる、カードローン会社もございます。

 

そちらに関しては、源泉徴収表などです。もし、源泉徴収表がない場合は、毎月の、給料日にいただく、給与明細書類の提出をもとめられたりします。

 

もちろん、これらの提出書類が必要のないカードローン会社もございます。その場合は、審査がインターネットからの記入の他、電話での審査だったり、また、職場に電話での在籍確認などおこなわれたりしますので、そのあたりは、事前に、会社のホームページなどで、確認するとよいかとおもいます。

 

これらの提出書類は、カウンターにいったさいに提出をもとめられることがほとんどになりますので、用意をしてから、カウンターにいきましょう。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ