総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンの秘密|審査に通るには?

総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通るための対策や情報をまとめました

ホーム » アーカイブ

もしあなたのカードの返済が難しい場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシングの返済方法

カードローンの返済方法は、リボ払いです。長期間かけて返済していきます。毎月約定日に、一定の金額を返済していきます。約定日に、返済金額の中から、前回の約定日から約定日までの利息を返済します。残りで、元金を返済していきます。元金は、毎月少しずつ減っていく形になります。余裕のある時は、一括返済も可能です。

 

キャッシングは、一般的に一括返済します。数回に分けて返済することもできます。カードローンよりも金利が高めなので、数回に分けて返済すると、借りている期間が長くなるので、その分金利の負担が大きくなるので注意が必要です。

 

どうしても、返済ができなくなった時は、借りている先に連絡をします。今後の返済について相談をします。いつになったら返済が可能なのか、また分割にしてもらったり、利息だけでも先に払ったりできるか相談します。返済の意思を伝え、努力することが大切です。延滞が多くなったり、返済できないと、信用情報機関のブラックリストに載ることがあります。

 

毎月の返済金額をするなくするには、借入金額を見直すことです。本当に必要なお金なのかどうか、返済できるのかどうかです。カードローンの限度額は少ない方が、毎月の返済額も少なくて済みます。

 

毎月の返済方法について

カードローンの毎月の返済などは決められた日にATMから振り込んだりします、ですのでつい忘れがちになってしまう人もいると思います。そして期日が遅れているのに気づかずに最速が来てしまったりなども経験したことある方はいると思います。

 

そういった場合に期日を忘れないようにするための方法があります。それは事前に銀行引き落としにすることです。自分が利用している銀行を事前に登録しておけば返済日に勝手に引き落としになってくれるので忘れることも遅れることもないのです。

 

しかし仮にお金が足りずに返済が遅れてしまう場合は素直に先に電話で言っておくのもいいと思います。するとその時にいつ頃なら振り込めるかを聞かれるので会社や家に催促がくることもないのです。

 

そして約半年ぐらいきっちり支払い続けると会社によっては毎月の返済額を下げてくれる会社もあります。ですので借りる前にそういった情報を事前に調べておくのもいいと思います。私も実際にそれで毎月の返済額を下げてもらったこともあります。

 

もし返済日を忘れそうな人は銀行引き落とし設定をお勧めしますので登録しておくのが一番かもしれません。後周りにばれたくない人もそちらのがいいと思います。

 

お金がピンチ!あなたに適した借入は?

給料日前に思わぬ支出があったり、体調不良で休みいつもより給料が少ないときなど、日々の生活において少々ありうる事です。借りるにも身内には心配をかけたくないし、自分自身でどうにかしたいと思う方も多いはずです。お金を借りる方法について考えていきましょう。

 

お金を借りる方法は、カードローンとキャッシングがありますが、どちらも個人向けの無担保融資のことで、担保が無い為個人の信用にて審査をします。2つの違いは、返済方法でカードローンは分割が主となっていますが、対してキャッシングは翌月一括払いが主となっています。

 

こうして借りたものの予定日に返済ができない場合は、返済をすることができないとわかった時点で、カード会社に連絡をしておきます。その際はすべて話し具体的に返済はいつになるか予定を伝えて相談をしましょう。

 

どうせなら借金は出来る限り利子を少なくして、負担を減らしましょう。まず、少しでも余裕のある場合は返済に回しましょう。さらに、何社か借り入れている場合金利の低いカードローンやキャッシングにまとめるようにします。

 

大手銀行でもおまとめローンに力を入れており、消費者金融で借りるより金利を下げてます。手間はかかりますが、無駄な利子を払わないように選択していきましょう。

カードローンの主な返済方法は3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

カードローン、キャッシングの賢い返済方法について

カードローン、キャッシングの利用はした事があるでしょうか?賢い返済方法について、述べたいと思います。

 

まず大切なのは、ローンの場合は何回払いで何年払い、一度にいくら払うのかということをきちんと把握すること、キャッシングの場合は、今月はいくら使っただろうか、と頭の中で計算をして使うことです。

 

カードで払うと、その時にお金は発生しませんが、後にまとめて請求が来るので、注意が必要です。何も考えずにカードでポンポン買い物をしていると、カードの支払いが滞り、勿論ですが翌月には翌月の分も来ますから、溜まって泥沼になります。

 

そこで、泥沼にハマらない為のポイントとしては、毎月のキャッシングでの利用額を自分で決める事、キャッシングは一括のみで利用することです。ローンと共に、キャッシングでも利用するのであれば尚更です。

 

毎月使った分に、ローンの分が黙ってても乗っかって来るので、ローンの支払い分も込みで、利用額を決めるといいでしょう。

 

また、便利だと思われがちなリボ払いですが、これは落とし穴です。

 

毎月、どんなに買い物をしても決まった金額で払い続けるので、返済額はどんどん溜まり、金利も高くなります。リボの設定金額や買った金額によっては、一生払い続けることになります。

 

カードは、計画的に利用しましょう。

 

カードローンやキャッシングの返済方法について

カードローンの返済方法は、基本的にはリボ払いになります。キャッシングに比べると金利は低く設定していますが、返済期間は長期化するので返済期間中は、金利を払っていくことになります。リボ払いは、約定日に一定金額を支払っていきます。一定金額は、限度額に応じて決まっています。

 

限度額が低い方が、リボ払いの金額は低くなります。毎月の返済金額を少なくしたいときは、限度額を低くして、カードローンの申し込みをします。

 

キャッシングの返済方法は、基本的に一括返済です。しかし、分割して返済することもできます。この場合は、返済期間が長くなるので、利息が多く払っていくことになります。カードローンよりもキャッシングの方が金利が高めです。

 

どうしても返済できないときの対応方法は、まず、返済できるように努力します。努力しても無理な時は、連絡を入れます。返済が遅れてもできるときは、いつになったら入金できるのかを伝えます。遅れると、遅れている間は延滞金が加算されます。

 

通常の金利よりもかなり高めに設定されているので、注意しなければなりません。遅れてもできないときは、少しでも返済金額を減らすことを考えます。利息だけや一部だけなど、あらゆる方法を相談します。

 

コンビニなどで気軽に返済

ひと昔前までは、カードローン会社のATMで返済していましたが、コンビニのATMで返済できるようになりました。

 

今や、インターネット上のネットバンキングを利用して返済することができます。ネットバンキングは自宅に居ながら、または出先でもどこでもネット環境が整っていれば、使うことができます。

 

ただ、怖さもあります。

 

パソコンやスマートフォンの普及で当たり前になっていますが、IDやパスワードを自己管理し、きちんとログインそしてログアウトしなければいけません。

 

最近は銀行系のカードローンやキャッシングもあるので、その銀行の口座引き落としになっているので残高さえ確認していれば、返済を自分の手でする必要はありません。

 

ですので、振り込みや支払いが面倒だという方には銀行系のカードローンやキャッシングがオススメかもしれません。ネットバンキングの話に戻ります。

 

通常のカードローンやキャッシングの場合、返済先は指定されているので、そこに振り込むわけですが、金額の打ち間違いに注意してください。

 

金額の打ち間違いで返済額が足りなかったり、繰り上げ返済するつもりがなかったのに多く返済して繰り上げ返済していたということもあり得ます。

 

ちなみにコンビニのATMの場合はカードを入れてお金を入れるだけになります。月々の返済額は決まっていますので、その金額を入れるのですが、支払いが厳しい時には利息だけ支払って期間を伸ばしてもらうことができます。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ